治験コーディネーターは長く続けられる職業なの?

就職したらできれば同じ職業で定年まで働くという スタイルが理想的なだと思いますが、 治験コーディネーターは定年まで働き続けられるのでしょうか?

実は治験コーディネーターは比較的新しい職種なのです。 そのため若い人が多く、定年まで働いたという データが現在では存在していないようです。

しかし、治験というものは新薬を開発する上で 絶対に通らなければならない過程です。 新薬開発というものがなくならない限り 治験は無くなりませんし、治験が存在している限りは 治験コーディネーターの需要は無くなりません。

医療はどんどん発展してきており、 新薬開発も次々と行われているのです。 そのため、この先も治験コーディネーターの 活躍の場はどんどん広がっていくと思います。 実は治験コーディネーターは離職率が高いと言われています。 その理由は治験コーディネーターは以前は看護師や薬剤師、 臨床検査技師だった人が多いのです。

そのため、元の職場に戻るということも多く 結果、離職率が高いと言われてしまうのです。 もちろん医療系資格を持っていないけど 治験コーディネーターをしているという人もいます。

また、治験コーディネーターは女性が多いです。 これも看護師や薬剤師の割合が元々女性のほうが 多いというのが影響しています。 女性の場合は結婚や出産を機に退職する人も多く それも離職率の高くなる理由となっています。

そして治験コーディネーターは医学的な知識は 勿論ですが、薬学についての知識も求められます。 また他にも書類などをきちんと管理できる能力、 コミュニケーション能力も必要です。 そのため、治験コーディネーターとして 働いてると色々な知識や能力がついていくのです。 この能力は他の職業でも発揮できるため、 違う職業へ転職しようという人も多いそうです。

しかし、ずっと治験コーディネーターとして 働いていくということも可能なのです。 そのため、もしずっと仕事を続けたいのならば 就職先を慎重に選ぶ必要があります。 治験コーディネーターは主にSMOはに所属して 医療機関へ派遣されるタイプと、 医療機関へ看護師や薬剤師として雇用され、 その中で治験業務行う院内CRCと2つのタイプがあります。 どちらも仕事内容が変わってきますから、 どちらで就職するか選ぶことも重要です。

また、医師や被験者だけでなく製薬会社の人たちなど 様々な人とか変わっていく職業ですので、 コミュニケーション能力の他に多くの知識も必要です。 求められる能力は多いものの、産休や育児制度などの 体制が整っているので女性にとっては 働きやすい職業であるとも言えるでしょう。

またきちんと実務経験を積み、 知識が豊富ならば転職もしやすいのです。 なので治験コーディネーターとして 色々な企業へ転職することはたくさんあると思います。 しかし、働きやすさなどを考えれば 治験コーディネーターは定年まで続けやすい職種だと言えるでしょう。

このページの先頭へ