看護師の求人探しの特徴

看護師の転職や就職をする場合には、ハローワーク・求人雑誌・求人サイトがあります。ここでは、上記三種類の看護師の求人探しの特徴とメリット・デメリットについて解説します。

一番目は、ハローワークの特徴とメリット・デメリットです。

(1)求人の情報量が多く、誰でも気楽に立ち寄りができて自分で好きな情報  を見る事ができます。しかしながら、ハローワークに行かなければならない  デメリットがあります。
(2)情報の更新が早いですし、求人日時も分かるので見やすいです。
(3)求人情報提供端末での検索結果がコピーできるので便利で、すぐに職員に  相談できます。
(4)詳しく知りたい場合はその場で電話で確認してくれますし、面接のセッティング  もしてくれます。
(5)<ここは求人が多い>とか<面接に行った人がこういった理由で不採用になった>  みたいな細かい情報を教えてもらえます。

二番目は、求人雑誌の特徴とメリット・デメリットです。

(1)書店やコンビニエンスストアで簡単に入手できますが、情報量は限定的で  何冊も見ないと希望の求人がみつかりにくいです。
(2)急いでいない人や参考程度に見るのは良いですが、真剣に探すには  選択肢が少なく情報もタイムリーではありません。
(3)気になる求人情報があっても、最終的には職安など自分で詳しく調べる  手間があります。
(4)面接のスケジュール調整など全て自分でしなければなりません。  

三番目は、求人サイトの特徴とメリット・デメリットです。

(1)看護師専門の求人サイトに登録しておけば、「無料」で希望条件に該当する  職場を紹介してもらえます。
(2)専任コンサルタントが相談に乗ってくれて、転職まで全面的にサポートして  くれます。
(3)非公開の求人情報を持っている場合が多いし、働きたい病院がある場合は   求人がなくても交渉してくれるケースもあります。
(4)自分からは言いづらい条件もコンサルタントが交渉してくれるので  精神的に楽です。
(5)転職する時間がないとか、他人に依頼するほうが良いとか、好条件で  転職したい人には便利です。

以上、三つの求人媒体違いは上記の通りです。

他の職種と大きく異なる媒体は看護師求人サイトだと思います。 専任のコンサルタントが職探しのお手伝いや条件交渉などをしてくれるサイトが 多いですから、転職して失敗する確率が少なくなるのが大きな特徴点です。

このページの先頭へ