助産師という職業

助産師は現在の名称で、昔は産婆さんと呼ばれていました。 妊婦さんをサポートする職業で、出産のときには赤ちゃんを取り上げるのがお仕事です。 助産師になるには資格を取得しないといけませんが、明治32年(1899年)に名簿登録規制と産婆規制ができるまでは、資格なしで赤ちゃんを取り上げることができました。

母親と子供の安全性を守るために、産婆さんの免許は一定以上の技術と知識を持った方のみに認められることとなったのです。

産婆さんから助産師になるまで、地位の向上、社会的にどんなことが求められているか、法の整備などに配慮し、変化を遂げてきました。 助産師というネーミングになったのは、保健師助産師看護師法が制定された2002年からのことです。

保健師助産師看護師法は3つの職業について定められていますが、助産師以外の2つは男性でもなることができるのに、助産師だけ女性しか資格取得が認められていません。 赤ちゃんの誕生に関わる職業は、助産師以外に産婦人科医もそうです。

しかし、産婦人科医は男性でもなることが認可されています。 産婦人科医と助産師とは別々の職業であることには、それなりの役割の違いがあります。助産師も医学的知識が必要ですが、その上で妊婦さんの日常生活に産婦人科医よりも寄り添って、女性同士ならではの助言ができたり、相手からも相談しやすさがあるという特徴があるようです。

男女雇用機会均等法により、女性だけがなれて男性に認めない職業があることは、差別だという考え方もあるようですが、助産師に限っては、異なる性別の特性を生かしているからこそだといえそうです。

助産師が必要になるは、出産のときだけではありません。 産後間もない女性(じょく婦)や妊婦さんに、新生児の保健に関する指導も行っています。 出産前は、妊婦さん自身の食生活、運動、健康管理法などといった生活指導などをします。 出産を終えてからは、乳児指導、母乳指導、じょく婦の健康管理などをします。

このページの先頭へ