助産師の担当範囲

助産師は、世間で思われているよりも担当範囲が広い仕事です。 出産に立ち会うだけではなく、女性の生活に関わることを全般的にサポートします。

出産をひかえる妊婦さんは、うれしい半面心配なこともたくさん抱えています。 家族や知人、友人たちも力になってくれるでしょうが、専門的な知識を備えている方がそばにいないことが大半です。

助産師は身近な存在でありながら、専門知識を豊富に持っているプロなので、気になることがあれば気軽にアドバイスをもらえます。 女性同士で相談を持ちかけやすいというのも、助産師のよさではないでしょうか。

いざ出産になればそばで付き添って、励ましの言葉をかけたり、腰をさすって体調がラクになるようにします。助産師の大切な仕事の1つは、分娩の最中や妊娠をしている間にもしなんらかの異常を抱えていれば、迅速に気が付いて適切な対応をし、母子を保護することです。

出産を終えてからも、助産師は身近な強い味方であり続けます。 退院をして自宅に戻ってから、順調に育児にはげめるよう、赤ちゃんとの接し方などを支えます。 誕生した子供たちにも理解できるような表現により、助産師の専門知識が役に立っています。 近年は最適なタイミングでの性教育を行うことが、必要だと考えられています。

妊娠中絶問題、性感染症が増えていること、妊娠の年齢が若くなっていることなどが、こうした取り組みの背景にあります。 助産師は赤ちゃんが生まれるときに立ちあう職業だからこそ、成長しても傷ついて欲しくない、幸せな人生を送ってほしいと、守りたい気持ちを持っています。

助産師の仕事は、出産を終えたら完了ではありません。 生まれた子供だけでなく、母親に対してもそれはいえることです。 育児は大変な作業なので、子育てをする中でときには気持ちがふさぎ込んでしまうこともあります。

気持ちのはけ口が見つからず我が子を虐待してしまったり、夫婦間の亀裂につながるケースもあります。 助産師はそのようなときに相談を受け付けており、解決方法を協力して考え出したり、解決につながる専門機関があれば導くなどの手助けを行っています。

このページの先頭へ