治験コーディネーターを求めているところ

治験コーディネーターを募集しているところは、医療現場ではなく一般企業が多数です。 ではどんな会社が治験コーディネーターを求めているのでしょうか。

治験コーディネーターは新薬を世に出す過程の中で、被験者に治験薬を服用・投与し、その薬の安全性や有効性を確認し報告書をまとめ上げる仕事です。 治験に関わる人は数多く、医師や被験者だけでなく、新薬を開発した製薬会社などです。

そしてそれぞれの立場の間に立ち、治験がスムーズに行われるように伝達係も兼ねています。 募集は主に製薬会社からになります。 製薬会社は新薬を開発するだけでなく製造から販売までを担っています。 新薬は世に出るまで有効性や安全性が証明されていません。治験はそれらを証明すると同時に、副作用などを検証することにもなります。

製薬会社の他には、治験を外注で受け持つ会社が募集をかけます。 治験の実施場所は病院ですが、治験そのものは委託された会社が行います。なぜなら医療現場でのスタッフは昨今人材不足に陥っています。治験のために人員を割く余裕がないのです。

ですから、治験を専門のスタッフがいる会社へ委託するのです。 委託先の会社は治験を専門にしていますから、治験コーディネーターは必要なのです。またこのような会社では、人材の育成にも力を注いでおり、新卒などを積極的に採用しているようです。もし経験値に不安があるようでしたら、このようなところから就職を目指してみても良いかもしれません。

最後に治験コーディネーターの募集は病院でも行われています。 そこでは看護師や臨床検査技師などのスタッフを、治験の専門部署を設けて配置しています。 治験コーディネーターは一般求人に掲載されるほど一般的ではありません。しかし専門の転職サイトなどを利用すれば、多くの求人を見かけることができます。 そして募集をかけているところも、製薬会社から病院までと幅広いのです。 新薬が世に出るためには治験が欠かせません。そして治験コーディネーターの存在も欠かせないのです。

このページの先頭へ